スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--

寿々芽

夕べ
母が
「悪いけど
 これ撮っといて」と

母が言う
「撮っといて」とは
ここに載せておいてってことなんです(笑)



何かと言うと
これ
17 0228 2
一月に
庭の南天を
母は全部伐りとって
家のあちこちに生けました

その名残りの南天と
干支の酉
鶏の貯金箱と
奥には
青森からやってきた
ボビーのマグカップ

そして
寿々芽・・・
木彫のひな雀の置物



床の間に
お雛様を飾るついでに
母は思い出したんでしょうね

「これこれ
 これがあった!!」と(笑)



この木彫の寿々芽(すずめ)は
私達の故郷
金沢から白山下よりの町で
工芸活動をなさっておられた
とても有名な作家さんの作なんです
山本力吉さん

白山比咩神社に奉納されている
木彫の神馬を作られた方なんですよ

はい、もうとぉ~に
人間は卒業なさっておられますけど



30年前
家族、どん底の暗~い時
蔵の中から
父が見つけてきたものです

かつてのある記念品にと
沢山作っていただいた
最後の一つの作品で

勿論
一つ一つ手作りですから
同じデザインであっても
それぞれ微妙に表情が違っており
その頃
私達家族の為に親身になって下さっていた方々に
せめて心ばかりのお礼にと
お好きなのを選んでお持ちいただいて
最後に残った赤ちゃん雀なんです(笑)


その内
正面からの顔も撮りますが
まさにくちばしの黄色い
子雀なんですよ(笑)



暗~い
重~い
辛~い
空気が・・・

この子雀
めでた~い寿々芽 
の登場で
明る~く一変した時の事を
忘れる事はできません



それからも
波乱万丈の時を過ごしてきましたが
母は、この子雀を手放すことなく
夕べ、久々に登場させました

私達
あの頃と比べて
強ーい心に変えていただいたなー
しみじみと感慨に耽りました



「いいよー」
ってわけで
今朝、撮影し



「そうだ、この子も」
17 0228 3
北海道から来た
優しいやさしい
スミスキーくん

にも加わっていただきましたー



みんな
可愛い、いい子ばかりです
私達に微笑みを与えてくれます

皆さん、この大切な家族を
これからも宜しくお願いいたします
     m(__)m



さてさて
いとをかしいのは
スミスキーくんもです(笑)

夜中
さあねるぞ!! と
リビングの電気を消したら
この通り
17 0228 4

暗闇に
本領発揮の瞬間です
17 0228 5
鶏の背中に
ちゃんと乗っています(笑)


うわっー
夜中の1時半回りましたー
おやすみなさ~い
スポンサーサイト

Comment - 2

Wed
2017.03.01
18:35

ヨッシィー #-

URL

こんばんは、つるりんどうさん
山本力吉さん、知らない方でしたが
ネットで調べたらとっても有名な作家さんですね

すごいですね 記念品を頼まれたのですか
寿々芽 すずめの字も素敵、
いただいた方に良い事が起きそうですね

スミスキーくんも参加した集合写真
ここから、幸せが広がってきそうです

Edit | Reply | 
Wed
2017.03.01
21:17

つるりんどう #-

URL

ヨッシーさん、こんばんはー

> ネットで調べたらとっても有名な作家さんですね

ヨッシーさん、さすがです
とても豪快で温かみのある作風でした
この寿々芽が登場した時
部屋中が笑に包まれたものです
作家さんの心ってすごいものですね

> すごいですね 記念品を頼まれたのですか

時どき、色々な作家さんにお願いしていたようです
同じものがいくつも残っていたりするのです
先祖が残して行ってくれた宝です

> ここから、幸せが広がってきそうです

そうなるとありがたいですね
祈ってます

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。