FC2ブログ

遺されていた画像  ①

先週より
毎日のように
ドコモさんの
ネットトータルサポートのお世話になりながら
少しずつ
ハードディスクを整理していました

完了です!!



思いがけなかったのは
この
ひのきの林のぱらだいす

兄も、画像を撮っていたことです


そして
画像、撮影日時を
追って行くと
闘病中の兄の心の変化が
明らかに
見て取れました





ちょうど
4年前の4月23日
午前6:46~7:01に
こんなのを撮っていたのです

26 04 23 1

まず、雪柳


そして
26 04 23 2

雑草ですが
可愛く思ったのですね


これは・・・
26 04 23 3

越冬した
イチゴの畝です

大きい株は
イチゴのコンパニオンプランツの
ボリジです


先週のブログで
14日撮影の画像をアップしましたが

26 04 23 4

ミツバツツジ

4年前は10日遅いです
でも、これが普通で
今年が、特別早かったんですよ


ミツバツツジの
すぐ下にあったんです(笑)
26 04 23 5

私が「捨ててー」と言った
イチゴの株を
優しい夫や兄は
「可哀想じゃないか・・・」 と

林の入り口に植えたんですね

その後、毎年
小粒だけど
可愛いイチゴが
わんさか成ったものです


今年は
もう無くなっていました


アスパラガスも
26 04 23 6

何年も出てくれました
採り立ては
とっても美味しかったです


これも
今年は絶えていまして

先週、長ネギが
コンパニオンプランツとして
残っていた所です


26 04 23 7

ジャーマンカモミール

これも
コンパニオンプランツとして
厳しい寒さに耐え続けてくれました


26 04 23 8

ワラビ

この周辺は
ワラビ、タラノメなど
たくさん出ますから

日頃
訪れる人の少ない
ひのきの林のつきあたりですが

GWは
見た事のない人が
次々、山菜取りにやって来られます


26 04 23 9

ビックリグミです

先週の画像と比較してみると
いかに成長したかが
わかります

兄も、楽しみにしていたのですね


26 04 23 10

グミの花です



さあ、そして
26 04 23 11

兄が、大事にした
山桜です


26 04 23 12

ひのきの林で
鬱蒼としていた所を
間伐しましたが

間に生存していた
野生の山桜は
ひのきの陰でも
競争して
ひょろひょろしながら
よく、伸びましたー


このように
見上げなければ
花が咲いているのは
見えなかったものですが

ひのきを、目一杯伐採し
陽当たりが良くなった事で

今では
山桜は
足元からも、どんどん枝が出て

見上げなくても
花を楽しめるようになりましたよー



「あにきぃ
 山桜、大きくなったよー」





この頃の兄は
治療を拒否し
自ら命を絶とうとさえしていました

「俺は、生きていてはいけないんだ」 と


私達
どう接していいか
何を話しすればいいのか・・・

兄自身、勿論辛いどん底でしたが
私達家族も
本当にしんどい時でした



そんな兄が
ちょうど4年前
どんな思いで
カメラを手に
菜園に出たのでしょう・・・



この直後に
この年の作付けの為
畑を耕しましたが

「あにきぃ
 トマトの畝、どこにするー?」

って、大声で
部屋にこもっている兄に
呼びかけたら


のっそり、菜園へ出て来て

「ここだー !!」 との返事に


「よかったー
 まだ、生きるつもりしてるー」 って

ほっとした事
今でもはっきり覚えています。
スポンサーサイト

Comment 0

WHAT'S NEW?